• 埼玉県域の“つくる”を伝える、食べもの付き情報誌

「ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~」について

「ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~」は埼玉県版の「食べる通信」です。

知られざる埼玉の“つくる”に迫る情報誌に、
生産者さんがこだわってつくった食べものを付けて
3ヶ月に1度、情報誌と食べものをセットでお届けします。

食材は、基本セットに増量注文や追加注文(おかわり)も提供する予定です。
また、生産者や他の読者との交流は、定期購読者専用Facebookグループや、座談会・現地見学などのイベント通じて行っています。

『食べる通信』とは…

食べる通信は、生産者にクローズアップした定期購読型の情報誌です。
毎号、「○○(場所)の、△△(生産者)さんのつくった、◇◇(たべもの)」という形で、ふだんスーパーなどで購入しただけでは伝わることのない、生産者さんのこだわりや苦労、その食べものをつくるに至ったストーリーなどを、写真と共に丁寧に紹介します。

また、情報誌にはその号で特集した食べものが「おまけ」として付いてきます。このため、情報誌は毎号、宅急便で段ボール箱に入って届きます。

さらに、facebookやイベントを通じて生産者と定期購読者をつなげ、地域の“つくる”を“食べる人”にとって「自分事化」することを通じて、埼玉=地元が好きな人を増やすことを目指しています。

2013 年に「東北食べる通信」から始まり、2014 年 度のグッドデザイン賞・金賞を受賞しました。
その後、全国各地で食べる通信創刊のムーブメントが起こり、2014 年4月に一般社団法人日本食べる通信リーグが発足し、日本全国各地から地域性豊かな「ご当地食べる通信」が続々誕生中です。

ポタジェとは

ポタジェとは、フランス語で「見て美しく、食べて美味しい庭」という意味の言葉です。NHK-Eテレの人気番組「やさいの時間」でもコーナーが設けられるなど、最近注目を集めています。

「つくる」と「食べる」が近くにある埼玉の生産地は、まさにポタジェ。埼玉ならではの魅力を食べることで、美しい古里を共に育みたい、という願いを込めて名前を付けました。

お申込み

[発行]
季刊発行(3か月に一度)

[販売価格]
情報誌+食べもの 2,980円(税・送料込)
※定期購読のみとなっております。

[お申し込み方法]
お申し込みは、インターネット、FAXにて承っております。
インターネットにてHP ( http://saitama-taberu.net/) にアクセスし、お申し込み下さい。
FAXの場合は、申し込み書を以下よりダウンロード・プリントの上、送信して下さい。

ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~定期購読申込書(FAX用)(PDFファイル)

[内容量]
情報誌+食材 (2,980円/季刊)となります。
ご希望に応じて増量することが可能です。

[返品・交換について]
当月の購入手続き完了・発送日確定後の返品またはキャンセルをお受けできません。なお、商品・サービスに瑕疵がある場合は、利用規約の定めに従って対応します。万が一、不良等があった場合には、お手元への到着日から一週間以内にご連絡下さい。
特定商取引法に基づく表示

[定期購読の中止について]
定期購読を中止する場合は、potager@taberu.meへお問い合わせください。

[個人情報について]
当法人はお客様からお預かりした個人情報を、第三者に譲渡または交換する事は一切いたしません。

[問い合わせ先]
potager@taberu.me までご連絡下さい。

■発行者
一般社団法人埼玉を食べる
ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~編集部
編集長 安部邦昭

〒331-0059 埼玉県さいたま市西区水判土433-2
Eメール potager@taberu.me
FAX 048-700-4942