• 埼玉県域の“つくる”を伝える、食べもの付き情報誌

※要お申込、本イベントへの参加ではお申込は完了しません。

枝豆は、実は【今が旬】って、ご存じですか?夏に出回っているのは夏のビールに合わせて、品種改良して早い時期に採れるようにしたもので、本来の旬は、まさにこれから。

夕方に採った超採れたて枝豆を、その場で枝からプチプチと外し、茹でて、地ビールといただく「採れたて地枝豆で地ビールナイト!」を開催いたします。

数時間前に採ったばかりでいただくのは、【行田在来枝豆】。埼玉各地にキラ星の如く存在する地品種のうち、枝豆としての香りと濃厚な味の評価が高い、地枝豆。

それに、氷川ブリュワリーの「地ビール」を合わせ、「地枝豆×地ビール」の夢のコラボが実現!!

枝豆をみんなで枝からプチプチ外しながら、茹でながら、枝豆の話、埼玉の食べるの話を楽しみましょう。

参加費:1,500円(行田在来枝豆1人前+氷川ブルワリーのクラフトビールハーフパイント×2杯)
お支払い方法:店舗にて当日、お支払いください。
お申込方法:以下のサイトよりお申し込みください。
【お申し込み↓↓】

https://goo.gl/forms/rGxzjZdc8xuwWbc63
定員:20名まで(先着順)
主催:氷川ブリュワリー、ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~

-----
※ポタジェ~食べる通信 from 埼玉~について
私たちの地元・埼玉の“つくる”の本当姿に迫る、季刊の定期購読型の情報紙。毎号、県内各地の生産者さんとその産物のつくるストーリーに迫ると共に、紹介した産物を情報紙と共にお届けします。
2017年秋号は「行田豆吉クラブのみなさんの育てた行田在来枝豆」。行田地域で大切に継がれてきた「行田在来青大豆」を、枝付きとパックでお届けします。

秋号からの定期購読の申込み受付中!
締め切りは10月8日正午まで。
10月上~中旬のお届けです。
https://saitama-taberu.net/?page_id=1966


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください